はげ頭と姫と(=^・^=)

持病があっても、家族と親友達に囲まれ幸せなお気楽ライフです。

| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生みの苦しみ

あるところに、長い、なが~いスランプに陥って作品を生み出すことの出来ない作家がおりました。

一度、その深~い深~い穴に落ちると、這い上がるのは容易なことではありません。

彼女は、それでもその穴から何度も何度も這い上がり、また落ち、そしてまた這い上がっては
生みの苦しみに耐え、しょ~もない作品を作り続けているのでした。

そんな生活も、かれこれ10年になろうとしていた今年、春。
彼女は一大決心をしたのです。

『もう、こんな生活・・・・やめてしまおう』



彼女は決心が揺らがないようにと、子供のPTAの仕事やの世話に没頭し、大好きなイケメンアイドルに無くしかけていた乙女心を萌やし、TDR旅行で狂喜乱舞・・・・と、忙しく日々を送ることで製作活動を放棄、忘れようとしていました。



しか~し、そんなある日のこと。
1通のメールが、彼女に届いた。

そこには、こんなことが書いてあった・・・・・


  以前、ある場所であなたの作った作品を購入した者です。
  手作りの素朴さと見た目の面白さ、可愛らしさに一目惚れし買いました。

  私は看護士をしているのですが、ある患者さん(10歳の女の子)がどうしても心を開いてくれず
  困り果て、あなたの人形を彼女に「私が今一番気に入ってるものよ」って、プレゼントしたんです。
  
  すると、それから少しずつ私と話をしてくれるようになりました。
  あなたが絵本も出されていることを後から知り、早速購入。その子に読んであげました。
  夢のあるストーリーに、その子も私も感動し、今では大の仲良しです。
  
  次のお話はいつ出るの? と、2人楽しみにしています。



突然のメールに、何も作れなくなった作家は、泣いた。

ただ、泣いた。

今まで一度だって、こんな思いをしたことが無かった。

自分の作品を心待ちにしてくれている人間が存在するなど、思っても見なかったからだ。

自己満足、趣味に毛が生えた程度・・・・そんな風に誤魔化して、作りかけの作品から目を背けてきた自分に、腹が立った。

ただ、悔しくって情けなくって・・・・・泣いた。

苦しさから、面倒くささから逃げたい。そんな気持ちで投げ出した仕事だった。

でも、苦しさから生み出された『しょ~もない作品』で元気になってくれたり、笑ってくれたり、何かのきっかけになったり・・・・・もしかしたら、また何処かで、そんな出来事が、奇跡が起きるのかも?




そして、作るのをやめた作家は、また彼女のアトリエへと戻ってきた。

いつか、いつになるのやら分からない新作を生むために・・・・・・


スポンサーサイト

梅雨明け~初夏お見舞い申し上げます(^.^)

昨日、近畿地方も梅雨明けしました。

なんとも、雨の少ない梅雨でした。 あまつぶちゃん水がめには雨が降ったのか心配です。

と言うのも、私の済んでいる地域は上下水道の料金が、めっちゃ高い!!

以前、東京に住んでいたときは、2ヶ月で¥3,000~¥4,000くらい。

神戸の頃で、2ヶ月で¥6,000~¥8,000くらい。

ぎょえー! 今は2ヶ月で¥12,000~¥15,000の間で推移。

最初は、この料金のあまりの差に水道局に確認を取ったほど ビックリしました。
(だって、夏場の電気料金とほぼ同じくらいなんですから・・・・・お金

住む場所って、住んでみないと解らないことだらけ・・・・
原油高騰による物価の上昇は全国的な事とはいえ、生きてるだけでお金ってかかりますよねぇ~

ホント、生きにくい世の中じゃ!



ここしばらくブログの更新が滞っておりましたが、持病の「下垂体腺腫」がまた少し大きくなり、それに伴った頭痛や倦怠感、体重増加などの症状で少しシンドイ日々。
家事も疎かになるし、自堕落な生活をしておりました。

梅雨が明けて、夏本番!!
これからが、私たち親子にとって一番キツイ季節です。

夏の間は、ゆっくりまったりなブログ更新になると思います。
夏休み中には、秋に販売予定の作品づくりもあり、あまりサボっても居られませんが、体調のコントロールに気を付け、ネコたち&ナルトとまったりしながら乗り切ろうと思っています。

では、皆様ステキな夏の思い出を作ってくださいませ。


汗 あぁ~それにしても、アツイ・・・・・
せめて涼しい画像をお楽しみ下さい。

TDR 161
あんまり涼しくない・・・か・・・・・はぁ

怪奇現象?

一昨日のこと。

娘が・・・・

『エアコンの中から・・・・ヘンな音がする・・・・ jumee

『は?』

『エアコンの中に、なんか・・・・いる・・・・みたいなんだ・・・・』

jumee☆faceA140

なんかって?なによ?




ちょっとビビリながらも、取り合えず、調子を見てよう・・・・と。



『故障かぁ~?』

あなたが居るだけで・・・・

ネオ②

ねぇ~さん または 姐御 こと、ネオ(ミケ♀・9歳)

昨年の6月乳腺に癌が見つかり、大手術の末、見事癌に打ち勝ち、今でも元気です。

初診の際、獣医曰く

 「これほどの大きさだと、オペをしても完治は難しい。一時的に良くなっても、
                 肺に転移すれば2ヶ月と もたないでしょう・・・・」 と。

同じく獣医師の資格を持つダンナまでも、

 「オペは本人(?)の身体と精神的負担になるし、術後のケアと看病が大変だぞ!」



それでも、諦め切れない私。

 「でも、まだ8歳ですよ。今ならまだ体重もそんなに落ちていないし、食欲もある。
  オペするなら、今しかないんじゃないですか?」

と食って掛かる専門的なことなど何も解らぬ愚かな飼い主(私)に、誠心誠意堪えてくれた主治医。

ねぇ~さんは病院が大嫌い! 身体を触られるのも大嫌い!

なので、ちょっと採血や検査するだけでも麻酔をかけないといけない始末。

相当なストレスだったことだろう・・・・・・ゴメンネ、ネオニャン。


オペ中も詳細を電話で知らせてくれる主治医。
「幸い、右乳腺は全摘出できたし、転移層も今のところ確認できない。」 とのこと。

「予後に期待が持てそうですか?」 すかさず聞いてみた。

「あとは病理検査の結果を待ちましょう。でも、かなり期待していいと思います。」

ええ話や、、、! よかったぁ~


術後は、インターフェロンを大量投与。転移しないよう祈る日々。シンドイ闘病生活。




その後、肺などの転移は一切無く、今でもこうして私の傍で美しい寝顔を見せてくれるネオ。

主治医がべた褒めするほどの、『ちょう~ベッピンさんな三毛猫』ネオ。

気位が高くて、人間嫌いで(私と娘と友人Oさん以外)、グルメで、大きな音が大嫌いで・・・・

結構扱いにくいタカビーな猫ですが、そこがまたタマンナイ。


 おお~お姉さま。

 液晶大型テレビを購入する為にコツコツ貯めていた『諭吉御一行様』は、
                          この時に全員旅立ってしまったけれど・・・

 貴方の居ない日々に比べれば、諭吉の20や30人くらい・・・・喜んで差し出しますわ。




そんなねぇ~さんも、我家に来た経緯は、元々捨てられた猫です。

ある方(Sさん)が深夜国道を走行中、前を走っていた大型車がいきなり道路に停車。
すぐ後を走っていたその方も、当然ブレーキ、STOP!!

何やらダンボール箱らしき物体を、その場に置いて走り去ったのです。くるまダッシュ



!!!!!!! え?

そのままでは、箱を潰してしまいますよね。

Sさんは車を道路脇に寄せ、箱を回収し中を覗くと・・・・・

子猫が4匹。

生後2~3ヶ月くらい。

見てしまったからには、放っておけないと自宅へ連れ帰ったSさんでしたが、結婚したばかりで奥様の承諾もなし。
ましてや、アパート暮らし。
4匹もの猫を飼うことなど出来ません。

仕方なく、大家さんに里親を2週間以内に見つけることを約束し、一時預かりすることに。

幸いカワイイ盛り、健康な猫ちゃんたちだったので、4匹のうちの3匹(♂)はすぐに里親さんが見つかりました。

しかし、♀の三毛猫だけが余り・・・・・(♀は飼い難いからだとか・・・・?そんなこと無いのに 怒 )

大家さんとの約束の日が近付いて、もう諦めかけていた時、ネットの里親サイトに書き込み。

そして。。。。我家の家族になった次第です。


我家に来た当時のネオネオ③

ねぇ~さん、これからも私たち脳天気母&娘の良き親友でいてね。
しんどい事が多い日々でも、貴方が居てくれるだけで、毎日が幸せに変わるから・・・・

ミケネコ ←ご協力をお願い致します。

8888

今日、体重計を購入いたしました。

以前使用していた物が、たったの3年ちょいで壊れまして・・・・高かったのに。。。ふう・・・。
(もしや、あまりにも自分の体重が重くて、壊れたのか?!と思ったほど早かったです)


ある日の朝。
いつものように朝シャワーをして、体重計に。。。。。ヨイショ


絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください


!!!! ????

88.88kg !!!


絵文字名を入力してください 絵文字名を入力してください 絵文字名を入力してください 絵文字名を入力してください 絵文字名を入力してください 絵文字名を入力してくださいぇ~

そんなぁ~ 驚き1


5年前の夏にもどったぁ~?

いや、それを超えている・・・・・どないしよぉ~



体脂肪は。。。。

88.8% ???

ナニ?

それって、私のほぼ9割が、肉・・・いや脂?ってこと?

 I'm Lard. ぶた ブヒッ



もう一度リセットしてTRY!

絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください

もう一度

絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください

もう一度

絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください

はぁ~はぁ~ 汗


何度やっても、同じ。


 おお。神よ。 どうして?私にこんな仕打ちをするのですか?

 そりゃ~、ここんとこ、お酒の量も増えていたし、甘い物ばかり食していたけど・・・・

 いくら何でも、これは酷すぎます。

 もうしません! もう暴飲暴食は止めますから・・・・・

 お願いです、せめてあと10kgおまけしてぇ~


ま、大袈裟な小芝居は置いといて・・・・たはー

それにしても、体脂肪 88.8% って。
私の中の他の成分はどんだけぇ~なのよ。

どう見ても壊れてるやろが、コイツ。

しかし、体重が88.88kg ってのが、曲者。

微妙にあり得る数値なので、ビックリしました。


5年前の夏。
私は人生のMAX体重85.4kgを経験していたのです。

だから、強ち 88.88kg という数値は否定できなかったのです。

体質と持病のせいもあって太りやすい為、日頃からウェイト・コントロールが難しいのですが、手術後たったの1年で25kg以上のダイエットに成功。
独身の頃の体重にあと5kgってとこまで痩せたんです。

しかし、1年半程はKEEPできていましたが、腫瘍が大きくなるにつれ、また増量。

今に至ります。




かくして、おNEW(言い方、古っ!全然新しくないよ)の体重計。

いや、ヘルメーター?(減るメーター?)・・・・じゃない・・・・ヘルスメーターちゃん

これからの私の健康管理に、果たして何年付き合ってくれるのでしょうか?

末永く、宜しゅうお願い致しますぅ~。ハート

あなたの温かい手を・・・・・②

CATS001

我家の『三色団子』こと、ネオ(ミケ♀)・しし丸(チャトラと長毛種のMIX♂)・暁<アキラ>(シャムMIX♂)

ま、寒い日は大体『三色団子』なのですが・・・・ここのところの真夏日で、こんな光景もしばらくおあずけです。
CATS002



先日書いたブログの内容に共感して下さった方々から、励ましやご協力のメールを多数頂きました。

みなさん、心で思っていることは同じなのだ!と、大変勇気付けられました。

本来なら、メールを頂いた方お一人お一人にお礼のメールを差し上げたいところではありますが、
何分子供のPTA活動や仕事&主婦業に加え、このようにペット達の世話と自分の体調管理で、
日々の時間のやりくりに必死。
今はまだ、お一人ずつにメールを返信出来ませんが、このページを借りてお礼を申し上げます。


ありがとうございました。 嬉し泣き



1年位前にフッと思いつき、今年5月ようやく準備が整いスタートした

 がんばれ!動物たち。絵本プロジェクト

いよいよ第1回目の〆切が迫っております。(7月25日)

私自身には宣伝力が全く無いので、今回はそれほど集まらないのでは?と不安でしたが、友人やTAOのサイト、このブログを見て下さった方々からの協力で何とか小さな救急箱?いえ宝箱になってきました。

この『小さな宝箱』を、今月末着で「TAOのOさんへ」お送りしようと考えております。


これまでに寄せられた皆様の お心 をご紹介させて頂きます。

 
奈良県M・S 様ペットフード ペットシーツ 絵本プロジェクト参加1口
奈良県O・A 様ペットシーツ タオル 絵本プロジェクト参加1口
奈良県N・N 様絵本プロジェクト参加1口
奈良県A・M 様5,000円 絵本プロジェクト参加1口
北海道K・T様絵本プロジェクト参加1口
北海道匿名希望 様絵本プロジェクト参加2口
北海道C・F 様絵本プロジェクト参加1口
千葉県M・W 様絵本プロジェクト参加1口
東京都匿名希望 様絵本プロジェクト参加1口
神奈川県匿名希望 様絵本プロジェクト参加1口
兵庫県S・H 様絵本プロジェクト参加1口

7月6日現在のご協力状況です。





以前、ある方から厳しいお言葉を頂きました。

『そんなの、貴方の自己満足でしょ?所詮、偽善に過ぎない!』 と・・・・・・


しばらくはこの言葉に、自分が今までしてきた事の必要性や重要性を否定されたようで、絶望感と無力感から落ち込んでいました。


でも、ふと目を開けると・・・・そこにはこの子達が・・・・
ネコ団子02



え~い!! 落ち込んでなんていられない!

ええやん!自己満足。

いいじゃん!偽善と思われたって!!


やらんより、やった方がええ!
何もしないで後悔するくらいなら、出来る事だけでも良いから、私はやる!!!



そう思うようにして、聞きたくないお言葉に耳を塞いじゃっています。
(そうは言っても、何故か聴こえてきちゃう根も葉もない噂と悪口があるので、凹みますが・・)


まだまだ私の力不足で、心無い方たちの意識改革などには至っていませんが、
今ここに揃った『小さな宝箱』を『大きな宝箱』にできるよう、これまでの皆様のお力添えにお応えできるよう、コツコツとではありますが活動を続けていこうと思っております。



あしあと←ご協力をお願い致します。

毎日暑いので、ちょっと冷んや~り カキ氷 するかな?
DOG001


家族になれなかった犬

今日はどうしても書きたいことがあったので、TDRレポは後回し。



先日、娘の友人のワンちゃんが、他界しました。

以前から、気になっていたのですが・・・・・結局、死。



2ヶ月くらい前だったでしょうか。

娘から 「●●ちゃん家の犬が、具合悪いんだけど、お母さんが病院へ連れて行ってくれないんだって」 と聞き、他人様のことながら、腹立たしく思っておりました。

●●ちゃんは娘と同じく獣医になるのが夢で、動物を可愛がる優しい子です。

娘と二人、夢に向かって頑張っています。

犬の具合が悪いので、母親に『病院へ連れて行って』 と彼女は懇願したそうです。

しかし、母親は 『そんなに病院行きたかったら、お前が連れて行きなさい。お金も自分で払いなさい』
と言ったそうです。


悲しい

悲しさと悔しさが彼女の身体を包み、自分の無力さを呪ったことでしょう。

彼女は娘に相談したそうです。

でも、娘だって子供だし、何もしてあげられないのが現実。


それでも、何とかお母さんを説得して病院へ連れて行ってもらえるよう、諦めずにお願いしなさい。
と、アドバイスしたそうです。


でも、日に日に弱っていくワンちゃんを、彼女の母親は何もせず放置し続けました。

結局、天国へ。

7歳だったそうです。


? え? 7歳? 若いなぁ~

死因が何であったのかも不明なまま、たったの7歳で逝ってしまったワンちゃん。

ご家庭の事情は存じ上げませんが、たとえ余命が僅かであったかもしれないにせよ、1度くらい病院で診察を受けさせてあげて欲しかった・・・・・・


7歳という年齢と大型犬(ダルメシアン)ということを考慮すれば、オペも可能だったのでは?

ほんの数ヶ月でも数週間でも、一緒に居る時間を永らえることが出来たのでは?

せめて、痛みを取り去ってあげる事くらいは・・・・・


病院へ連れて行かないのに、何か訳があるのなら、ちゃんとお子さんに説明して欲しかった・・・・
このお母さんは、娘さんが獣医を目指していることをご存じないのかしら?と、思いました。

こんな、辛く残酷なペットの死を、半ネグレクトのような現実を、●●ちゃんが今後どうやって乗越えていくのか・・・・・心配。



「その後、お葬式はしたの?ワンちゃんの遺体は、どうなったの?」 娘に尋ねると・・・・

「・・・・・・・・」



「市役所に持っていって、焼いてもらったんだって・・・・・・・」


はぁ・・・・やっぱり・・・・・

そうだよね。医者にも診せないような母親だもの・・・・葬式なんてしないわなぁ。
母親は犬のことを嫌っていたのだそうです。

じゃ~何故? 飼うのだろう・・・・
父親は犬のこと可愛がっていたそうですが、病気になったら見向きもしなくなったとか。

まるで壊れたおもちゃの様に見捨てられた、この犬。


犬のことを家族だと思っていたのは●●ちゃんだけ。
でも、彼女の両親は、ペットをアクセサリーかおもちゃ位にしか思っていなかった様だ。



この事実を知った我家の脳天気娘は、目にイッパイの涙を浮かべ、こう言いました。


「私、ガンバル! だって、うちの子じゃなくても可愛そう・・・・・こんなの耐えられない!」

「そうだね。 M(娘)は今までたくさんのうちの子の死を見てきたし、こうやって他人のことでも真剣に悩んだり心を病んだりできる。そういう人間が獣医になるべきだよ!いや!絶対なれるよ。(;_;)」

私には、そう言って慰めることしかできませんでした。




犬ご協力をお願い致します。


セントラルパークにて。

先週のこと。

我が住宅街のセントラルパークにて。

犬の散歩中に、オモローな光景に遭遇。

黒いラブラドール・レトリーバーが、茂みのところで wc の真っ最中。

なのに・・・・・


『コラ!立て!立たんか!!』

『おい!立てや!!』



と、リードをグイグイ引っ張って、何度も怒鳴りつける飼い主らしきオジサン。



苦笑い



オジサン、あのさぁ~ それって、明らかに うんち んグー スタイルでしょうが・・・・

可愛そうに・・・・・その子は、オジサンがリードを引っ張るから、うまく用がたせず困り顔。


その後も、しばらく遠巻きに様子を伺っていたのですが、一向にオジサンの態度に変化は無く、ワンちゃんも うんち ができない。


それでも何とか用を済ませたワンちゃんに、オジサンが言った言葉。


『 アホ!!』


そう言いながら、面倒くさそうにまたリードを引っ張るのです。

もち、後始末などするわけも無く、その場を立ち去りました。


私の住む地域では、犬を飼っていらっしゃる方が大変多く、夕方となると公園は一斉にワンちゃんパラダイスと化します。

そうです。夢の『庭付き一戸建て』を手にすると、次に欲しくなるのがペット。

一部ではありますが、大してそれまで動物に興味が無かった人が、アクセサリーのようにペットショップで衝動買いをするのです。
その結果が、この日見た様な光景に繋がるわけです。

生き物だから、世話が必要、お金だってかかります。
死ぬまで面倒を見なくてはならない。当たり前のことです。

自分の犬だから、口を出すな!!とか。
食わせてやってるから、別に死にはしないだろ。などなど・・・・

そんな利己的な飼い主の下、愛情を注がれること無く、楽しみも無く、ただ毎日時間だけが過ぎていくワンちゃんたちの生涯を思うと、胸が痛くなります。

肉体的な虐待は、もちろんいけない事ですが、愛情の無い生活も虐待に値する・・・と、思うのです。

私が何故、始めに「オモローな光景」と表現したかというと、ワンちゃんのことが可愛そうになったと同時に、このオジサンが滑稽に思えたから・・・・

あまりにも、口は悪いですが・・・「あったま、わり~なぁ~、オッサン!」と、軽蔑、いや、呆れたんです。
金だけは持ってるが、知識とモラルと思いやりに欠けるこの大人の姿をした餓鬼に・・・・呆れた。


私だって、そんな褒められるような、優秀な人間では有りません。

猫たちや犬がイタズラや粗相をすれば、キレてしまうことだってあります。

でも、イタズラするのには訳があるはずなんです。

  忙しさのあまり、遊んであげていなかったとか、お散歩の時間が短かったとか。

粗相にも、訳があるんです。

  体調が悪い。 精神的ストレスを感じているとか。

今やペットも、人間と同じ病気になる時代。

でも、それは人間が動物たちに関わることで、愛情を掛ける事でフォローできます。

昔と違って大事にしてあげれば、その生涯は20年以上になることも・・・・

それほど長い時間、私たちの傍に居てくれるペットたちなのです。


でも残念ながら、この日見たオジサンの様な方が大勢居るのが現状です。
あれでは、ワンちゃんの健康状態も心配です。


私に出来ることって、ない?


思いや考えは色々巡るのですが・・・・どれも実現できずにいます。

今はせいぜい、糞の後始末をお願いしたり、見かける度に注意することしか出来ていませんが、せめて、地域のお節介なオバチャンを続けて居たいなと感じた出来事でした。

(でも、そんな些細なことでは現状改善は望めないやろなぁ・・・・・・・はぁ )


犬ご協力をお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。