はげ頭と姫と(=^・^=)

持病があっても、家族と親友達に囲まれ幸せなお気楽ライフです。

| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三谷ワールド 「グッドナイト・スリープタイト」

13日。

友人と舞台を観にいってきました。

NEWSコン連チャン明けで、ちと体がバテ気味でしたが、大好きな三谷幸喜の舞台。



「グッドナイト・スリープタイト」



30年夫婦を続けてきたけれど、別れることになった男女の物語。

ベッドが2台置かれただけのシンプルな舞台セットだけで、現在と過去を行ったり来たりする場面展開が見事!!


流石、三谷。

今回も はずれなし!!でした。



二人のベッドの距離が、結婚してから別れるまでの夫婦の心の変化を表しているようで・・・・・

時に可笑しく滑稽に、時にシリアスに。

これはフィクションなのに、ノンフィクションだ!! と感じました。




台詞の中に


 永遠なんて、ないのよ・・・・・



色褪せない気持ちや心の移ろい、永遠の幸せ、愛情・・・・・・

これは、どの家庭にも、どの夫婦にもあるであろうテーマ?試練?運命?なのかなと考えさせられました。




とは言え、三谷幸喜ワールド。

全編にわたり、皮肉や笑いがふんだんに盛り込まれていて、飽きさせない。

バンドの生演奏も面白おかしく絡んできて、テンポがいい!

何より、中井貴一と戸田恵子の二人の息のピッタリ合った掛け合いに脱帽。

時折、アドリブが混じって、舞台上の二人がお互い笑いを堪えながら演じているのがまた格別。

ベテランの演技は、見ていて安心できるのがいいです。


何度もカーテンコールに答えてくれた二人に、スタンディング・オベーションの嵐。

なのに、私は何故か・・・・・



あれ?

なんで泣いてるんだろ?



気づくと泣いていました。

座席から立ち上がることができず、拍手をしながら涙が止まりません。


今になって思えば、上演中、次第に二人の演技に引き込まれ、自分のこととオーバーラップしてしまってたようです。


スポンサーサイト

はげちゃん家の大騒動2008~2009

今更ではありますが、我が家の年末から年始にかけての大騒動を振り返ってみようかと・・・・・


その①

 例年の如く、娘はクリスマスに大勢の友人を招き PARTY。 クラッカー
 ダンナご自慢のダッチ・オーブンを駆使し、チキンレッグの丸焼き?をメインディッシュに盛り上がる。

その②

 ダンナの両親の金婚式のお祝いを計画。
 一族揃って、2泊3日の温泉旅行。

その③

 大掃除&年賀状でテンヤワンヤ。



ま、①と③は毎年のことなので特に述べるようなこともないのですが・・・・・

問題は②。



2009年1月に、晴れて金婚式を迎えるダンナの両親のため、息子二人でお祝いの席を設けようと企画したまでは良かったのですが・・・・・・・・


何せ、一族総出となりますとそりゃ~大変であろうことは必至。

それでも一生に一度のことですし、ここまで長生きしてなが~く夫婦を続けてきた二人に感謝の気持ちを形で表す良い機会です。

わがまま言いたい放題の親戚連中をどうにか納得させつつ、次男坊であるうちのダンナが全てをダンドリして、ようやくその日を迎えました。




私たち次男夫婦が両親を迎えに行き、新幹線で現地まで。

静岡県 浜名湖の近くにある舘山寺温泉へ。 温泉



ここは、20年前に私たち夫婦と子供、両親で初めて旅行した思い出の場所です。


20年前と同じ高級旅館に宿をとり、美味しい地元の料理を頂き、まったり温泉三昧・・・・・・・・と、なるはずでした。


が!!



いざ、旅館に到着してみれば・・・・・・・・・・


長男が先に到着していたのですが、なななななななな、なんと!!


その嫁が、来ていないのです。

長男(49歳・大学教授)とその娘(8歳)は、既にチェックイン。

しかし、妻(41歳)は・・・・・




キャ・キャ・キャ・キャ・・・・・キャンセル!?


キャンセルってどういうことだ!! ショッキング!


父(82歳)がキレた!! 怒

続いて、ダンナ(46歳)もキレた!! 怒







長男夫婦は13年前に、お見合いで結婚した。(横浜在住)

そしてお嫁さんは、それ以降 1度だけダンナの実家(大阪府K市)に来たものの、その後は全く大阪へ来たことがない!!

子供ができた時は、両親がわざわざ横浜まで出向いて1・2度その顔を数分拝んできたくらいで、遊びにも来てくれないそうだ。


先日友人に聞いた話によれば、今のご時世、お嫁さんがダンナの家族と全くつきあわないなんてことはごく普通のことのようで、私的にはビ・ビ・ビ・ビックリだ!


だって、親だよ。

そりゃ~中には、意地悪なお姑さんもいるのかもしれないが、

私の姑は二人とも基本人間的に尊敬できる方。

義母に至っては自分が姑で苦労しているので、嫁の立場を良く理解してくれ私を可愛がってくれる。

早くに両親を亡くした私にとって、今はこの二人が両親だと思っているくらいだ。


そんな理解ある両親なのに、長男の嫁はろくに会話も交わさないようである。


母が横浜に電話をすると、必ず長男が出て応対するので、もうここ数年、彼女の声すら聞いたことがないのだ。

でも、どうして?





ま、世の中いろいろな人間がいるから私の価値観や常識を押し付けるつもりはないが、

今回に限っては、参加して欲しかったと痛切に感じた。

親戚の中には、彼女のことをケチョンケチョンに言う方も現れた。

 「M家の長男の嫁が欠席とは、どういうこっちゃ! がんつけ

 「下手をすれば、もう、次に会うのは葬式くらいのもんやで!」

 「いや~、葬式にも来ないんちゃうかぁ~」

そんな言葉まで出た。



><

何だか、悲しかった。


父は、ず~っと険しい顔で黙っていた。

母も、諦め顔でしょんぼりしている。

楽しいはずの家族旅行は、波乱の幕開けとなった。



その後の3日間は、父と母は長男嫁の話をしなくなった。

毎度のことなので、もう欠席の理由すら聞かない。

それでも、娘を連れて来ている長男は、きちんと説明をすべきではないのか!と、ちらっと思ったりした。

8歳になる女の子に、こんな不自然な親戚付き合いをまざまざと見せてしまっていいのだろうか?

ちゃんと理由があるのなら言うべきではないのか?

叔父さん夫婦は来ているのに、自分の母親は、どうしていつも父親の実家に来ないのか?

そろそろこの不自然で異様な空気を察知してもおかしくない年頃のはずだ。



8歳にして周りに気を遣いながら、大人の顔色を伺いながら振る舞う彼女。



見ていて、悲しかった。情けなかった。

自分は、この子の叔母さんなのに、何もかばってやれないことにイラついた。


そんなイライラが、私の娘にも伝わったようだ!

娘が、

 「○○ちゃん、一緒にお風呂入ろうか?」


すると彼女は

 「・・・・・・」(ちらっと父親の顔を見て)


父親が

 「お~お~、行っておいで。」「いや~助かるよ。」

と言うと



 「うん。お父さん、おねぇちゃんとお風呂行ってくるね (^o^)」


そう言って、その日、初めて嬉しそうに笑った。




このとき、両親も、少しほっとした様子だった。







だが、それから1時間。


ようやく露天風呂から、帰還した女子たちは・・・・・


湯あたり寸前状態でしたけど・・・・・・ね。 (^_^;)

ま。二人は、楽しかったようなのでヨシとしましょ。



金婚式かぁ・・・・・

夫婦ってなんだろ?

家族って、親戚ってなんだろう?って、考えさせられる2泊3日でした。



因みに私たち夫婦は、あと2年で銀婚式です。


もう、23年も一緒にいるのか!と、今更ながら、ちとびっくりだわ。 ひい

 

留守中の惨劇 (ToT)

今日は、我が家の極悪ペアのお話を。


以前このブログでご紹介した若いカップル。

暁102703



萌音萌音⑱



こ~んなかわいい奴らですが・・・・・・・

実は私の猫オバはん歴25年の中において、最大にして最悪の極悪ぶりを日々展開中。




まず我が家には、家の中にごみ箱が存在しません!!

というか・・・・・存在できません!!!


何故なら、暁が我が家に来て程なくした頃の出来事。

ある朝、いつものようにナルトの散歩へ出かけ帰宅。

何だか家の中が・・・・・クク ク クサイ!!


え~っ?


ゴミ ゴミ ゴミ ゴミ ゴミ ゴミ



台所に、ゴミが散乱。

見れば、ゴミ箱生ゴミ入れがひっくり返され中身が・・・・・・もう、ゴミがそこいらじゅうでお祭り状態。

がーん


そんなことが日常茶飯事。

そして、ごみ箱は常に暁の手の届かぬ場所へ移動となりました。




やがて、1年ほど過ぎた昨年10月、萌音が家族となって数日後のこと。


朝5時半、起床。

いつものように、朝風呂 お風呂 をする娘のために風呂掃除をしようと寝室から階下へ。



ん?!!


驚き1 絵文字名を入力してくださいぇ~~~~!!!



そうです。

今度は風呂場が、悲惨な状態に・・・・・


我が家で唯一、鍵が閉まるドア。
前夜、風呂場に生ゴミを入れたペール容器を置き、ドアを外側からロック!! 鍵


なのに・・・・・・


風呂場のドアは見事に開放され、ゴミ袋が滅多裂き。

モノスッゴイ、異臭を放っておりました。



コラ~!! 鬼


いくら温厚な? 私でも、もう許せん。


だれや!!! 犯人は?(犯猫)


見ると傍には、仲良し若夫婦が私を見上げ 「ウニャ~ン」 とすり寄ってくる。


「ウニャ~ンやない! もうゆるさへんぞぉ~!!!」


それでも、 はあと すり寄ってはラブリーな潤んだ瞳で見つめるので・・・・・


「しゃ~ないなぁ~~~ しかたない 」

となってしまいます。


この日を境に、我が家からごみ箱が全て撤去されたわけなのです。

ごみが出る都度、外に設置したごみ箱へ捨てに行かなくてはならず面倒な日々。

しかし、ちょっと気を抜けばまたあの惨劇が繰り返されるので、仕方がありません。




そして、本日。

ナルトの散歩を終え、帰宅すると・・・・・


家の中が、カレーの匂い? カレーライス

?????


慌てて部屋を捜索すると・・・・・・


ショッキング!



カレーヌードル
極悪ペアの久しぶりの悪業。


緊急時の保存食なのにぃ~~~~



はぁ おなか、壊さないでね・・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。